太りたい 病院

太りたい人が病院に行くなら何科?痩せの原因別に8つの診療科

痩せすぎは重大な病気のサインであることがあります。病気の疑いがある方は今すぐ掛かりつけの医師に相談してください。

 

このサイトでは病気ではないのに痩せていて太りたいという方向けの情報をお伝えしています。

 

太りたい!病院は何科に行けばいい?と悩んでいる方のお役に立てる記事です。

 

 

現在、日本には痩せすぎ専門の診療科はないので、太りたい人は痩せている原因や症状によって何科を受診するのかを決めます。

 

痩せすぎの原因は人それぞれなので、自分の太れない原因に特化した専門の診療科を受診しましょう。

 

 

 

食欲不振

内科・消化器科・胃腸科

 

食欲のない人は胃腸の働きがよくないのかもしれないので、消化器科か胃腸科を受診してみましょう。

 

胃腸科では、胃と腸に特化して診断します。

 

消化器科では、胃や大腸の他にも、肝臓、すい臓、食道などの消化器も診断します。

 

胃腸科も消化器科も近くにない場合には、とりあえず内科を受診して胃下垂かどうかを確認してもらいましょう。

 

胃下垂になると胃がもたれて食欲不振に陥りやすいからです。

 

 

 

硬いものが食べられない

歯科

 

歯並びや噛み合わせが悪い人は、硬いものが食べられないことがあります。

 

虫歯がある人も、冷たいものや熱いものが食べられず、食べ物を十分咀嚼しないで丸呑みする癖があるかもしれません。

 

しっかりと噛んで食べないと、食べたものを消化したり栄養を吸収するための唾液が分泌されません。

 

硬いものをあまり食べないと顎が発達しないので、ますます痩せてしまいます。

 

心当たりがある場合は、一度歯科を受診してみましょう。

 

 

 

食べても吐いてしまう

精神科

 

お子さんが食べているのに太れない場合は、誰も見ていない所で吐いている可能性もあります。

 

もしかしたら摂食障害があって吐いているのかもしれません。

 

摂食障害は病気なので「たくさん食べては吐く」を繰り返す場合には勇気を出して精神科を受診してみましょう。

 

重い摂食障害は、入院しても命を落とす危険がある病気です。

 

10代の若い女性に多く発症し、軽いダイエットがきっかけのこともあれば、思春期特有のさまざまな葛藤やストレスが引き金となるケースもあります。

 

摂食障害には拒食症と過食症などがありますが、大抵のケースでは過食と拒食を繰り返しています。

 

疑わしい様子があるようなら、抵抗あるかもしれませんが、早めの精神科受診をおすすめします。

 

 

 

眠れない

心療内科

 

休息が足りなかったり良質な睡眠が取れていないと、自律神経が乱れてしまいます。

 

そうなると、いつでも戦闘モードになっていて食欲が湧いてきません。

 

ストレスを発散できることを見つけたり、リラックスできる時間を作るようにしましょう。

 

それでも眠れない方は、うつ、不眠症、睡眠障害が考えられますので心療内科の受診をおすすめします。

 

 

 

姿勢が悪い

整体・カイロプラクティック

 

姿勢が悪いと胃腸が窮屈な状態になります。

 

窮屈な状態が続くと、胃腸が圧迫されて腸に歪みが生じ、下痢を引き起こす場合があります。

 

特に猫背の姿勢はそれだけで内臓を圧迫するので、血流が悪くなり、食べ物を消化吸収しにくくなります。

 

猫背による胃腸の不調が続くと、胃腸をかばうように背中を丸めるので猫背をさらに悪化させてしまう悪循環に陥りがちです。

 

猫背は自分で気をつけてもなかなか治りませんから、整体やカイロプラクティックなどで体の歪みを調整してもらうのがいいでしょう。