太りたい 食事

太りたい人の食事方法│いつ、何を、どれだけ食べるのが正解か?

 

太りたいなら何といっても食事が一番重要です。わたしたちのカラダの細胞一つひとつは食べたものによって作られるからです。とは言え、太れない人は食が細いことがほとんどですね。

 

 

食が細くてあまり食べられない人でも太れる正しい食事の仕方、太るには何を食べればいいか、脂肪の素になりやすい食べ物は何か、などをご紹介します。

 

 

また、一人暮らしの男性や、高齢者世帯の陥りやすい 栄養不足解消の手段 として、宅配食事サービスもご紹介します。⇒こちら

 

 

太るための食事の仕方

胃を大きくする

食が細いと食べる量が極端に少なくなるので、まずは胃を大きくするところから始めてみましょう。

 

 

栄養の事を考え過ぎないで、そのときに食べられるものを時間に関係なく食べてみてください。これを繰り返しているうちに胃が大きくなるので、より多くの食事ができるようになります。

 

 

摂取カロリー

胃がある程度大きくなって食べられる量が増えてきたら、次は摂取カロリーに気をつけて食事をしてください。

 

【 一日に必要なカロリー 】

 

 

成人男性 約2,500kcal

 

成人女性 約2,000kcal

 

 

太りたい人はこの数値を上回るように食べる必要があります。

 

 

3度の食事だけで摂取できなくても、10時と3時に間食をはさむと摂取カロリーの目標達成は難しくありません。

 

 

間食に適さないもの

間食は何でも良いというわけではありません。10時と3時の 間食として食べない方がいいもの は次の3つです。

  • 食物繊維豊富なもの
  • 咀嚼を必要とするもの
  • お腹いっぱいになる量

 

 

食物繊維豊富なもの

食物繊維は水分を含んでお腹で膨らむので、少し時間が経つとお腹がいっぱいになってしまいます。ドライフルーツ(特にイチジク、あんず、バナナ)、おやつワカメ、おやつ昆布、蒟蒻畑、干し柿などはNGです。

 

 

咀嚼を必要とするもの

しっかり咀嚼が必要なものは、よく噛むことによって脳内の満腹中枢が刺激されてお腹がいっぱいになってしまいます。するめ、おしゃぶり昆布、干し柿などはNGです。

 

 

お腹いっぱいになる量

摂取カロリーの目標を達成するために食べている間食によってお腹がいっぱいになり過ぎてしまうと、次の食事がおいしく食べられません。

 

 

食事量が少なくなって本末転倒なので、お腹いっぱいになるまで間食するのはNGです。

 

 

食べるスピード

食べ始めてから20分で血液中にブドウ糖が流れて血糖値が上昇するので、満腹感を感じるようになります。

 

 

ゆっくり食事をしているとお腹がいっぱいになって量を食べられなくなるのですから、なるべく20分以内に食事を終えるようにしましょう。

 

 

太るために何を食べればいいか

炭水化物

炭水化物は筋肉や脂肪をカラダに蓄えてくれます。炭水化物が足りないと筋肉や脂肪が減って痩せてしまいますから、できるだけたくさん食べましょう。

 

 

食事には白米、間食にはパン、夜食にはバナナ、などが太りやすいでしょう。

 

 

タンパク質

タンパク質は筋肉を作るので、肉、魚、卵、大豆、チーズなどを積極的に食べましょう。太りたいといっても単に体重を増やしてプヨプヨの身体になりたいわけではないはずですよね。

 

 

筋肉をつけて健康的に太るためには しっかりタンパク質を摂って筋トレすることが必須 なのです。

 

 

◎ タンパク質>> 詳しくはこちら

 

◎ 筋トレ>> 詳しくはこちら

 

 

 

脂質

脂質は炭水化物・タンパク質と並ぶ三大栄養素の1つです。青魚、ナッツ、脂つき肉、バター、オリーブオイルなどで良質の脂質を摂るようにしましょう。

 

 

余談ですが、脳も脂質(コレステロール)でできているため コレステロール値が低い人にうつ病が多い という報告もあります。

 

 

酵素

酵素は栄養の分解と吸収力を高めて、効果的に体内に栄養を蓄える働きをします。炭水化物も脂質も摂っているのに太れない場合は、酵素が足りていない可能性があります。

 

 

生の大根、生のキャベツ、発酵食品などから酵素を補って、食べたものの栄養をしっかり吸収できるようになると健康的に太りやすくなります。

 

 

脂肪の素になりやすい食べ物

「脂質」+「糖質」

脂質と糖質を同時に摂ると脂肪が増えて太ります。ケーキ、ドーナッツ、菓子パン、ラーメン、チャーハン、フライドポテトなどです。

 

 

単糖類を多く含む食品

単糖類を多く含むものは簡単に脂肪として蓄積されます。砂糖、スイーツ、クッキー、お菓子、果実、ハチミツ、清涼飲料水などです。

 

 

酸化した油

油は放っておくと酸化します。何度も使用した油で作った揚げ物、揚げてから時間が経った揚げ物も酸化が進んでいるので脂肪としてつきやすいです。
※おすすめしません。

 

 

「単糖類」+「酸化した油」

ジャンクフードは「単糖類」と「酸化した油」の両方を兼ね備えた脂肪の塊です。
※おすすめしません。

 

 

宅配食事で栄養不足解消

宅配食事とは

宅配食事とは、お弁当やお惣菜のセットを家まで届けてくれるサービス。週単位や月単位で注文します。

 

 

お弁当によっては、カロリー制限、塩分制限、タンパク質制限がされているものや、飲み込む力が弱くなっている人向けの「ムース食」「刻み食」なども用意されています。

 

 

宅配食事のメリット

宅配食事サービスのメリットは次の3つです。

  • 必要な栄養がとれる
  • 買い物の手間がない
  • 調理の手間がない

 

 

管理栄養士によって考えられた完璧な栄養バランスの食事が、調理された状態で自宅に届けられます。

 

 

家で待っているだけで 健康的な食事 ができます。

 

 

買い物も調理も必要ないので

 

・ 忙しいビジネスマンの一人暮らし
・ 高齢者の一人暮らし
・ 高齢者夫婦の二人暮らし

 

などに嬉しいサービスですね。

 

 

栄養バランスが偏ってしまったり、食事の回数が減って痩せてしまうのを防ぐことができます。

 

 

宅配食事のデメリット

宅配食事サービスのデメリットは1つだけ。

  • 自炊よりも食費が高くなる

 

 

買い物の手間と調理の手間が省ける上に、栄養不足に陥らずに健康的に太れることを考えれば、それなりに費用がかかるのは当然ですね。

 

 

おすすめ宅配食事サービス

高齢者におすすめ

宅配 食事 高齢者

 

>>ちょっとやわらかめ宅配食はこちら

 

 

 

やわらかくって食べやすい

高齢の方が食べやすいように、食材の大きさ、まとまりやすさに配慮してやわらかく仕上げてあります。一般的な食事に近いものからムース形状まで、幅広いやわらかさのコースから選べます。

 

 

やさしい味付け

家庭料理のような優しい味付けのおかずです。

 

 

見た目もおいしく楽しく

赤・黄・緑のさまざまな食材を使った彩り豊かな献立で、見た目のおいしさにもこだわっています。やわらかくしても食材の形を残るようにカットや調理方法が工夫されています。「食べたい」という気持ちが自然に湧いてくるような食事です。

 

 

和・洋・中の多彩なメニュー

毎日の食事が楽しみになる、和・洋・中の豊富なバリエーションのおまかせメニュー。飽きずに楽しめるように新メニューも日々開発中です。

 

 

管理栄養士が献立づくり

管理栄養士・栄養士が栄養バランスを考慮しながら献立づくりをしています。

 

 

使い勝手の良い冷凍タイプ

電子レンジで温めるだけで、しっとりやわらかく仕上がる高機能パッケージを使用しています。火を使わないで温めるので調理が苦手な方でも安心です。

 

 

賞味期限3ヶ月

賞味期限はお届け後冷凍3ヶ月以上です。長期保存が可能なので食事を作れない時のための常備食にも最適です。

 

 

詳しくはこちら>>やわらかダイニング

 

 

 

 

若い世代におすすめ

宅配 食事 一人

 

>>【配送無料】夕食.netの冷凍宅配弁当

 

 

 

4分

レンジで4分で食べられます。

 

 

安全

火を使わないから安全、安心。

 

 

栄養

栄養士が考えた栄養バランスの整ったメニュー。

 

 

おいしい

こだわりの素材と製法で、冷凍でもおいしい。

 

 

豊富なメニュー

和・洋・中と、バラエティ豊かなメニュー。

 

 

詳しくはこちら>>初回限定!1食あたり¥170ポッキリ